スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
机の奥から出てきた詩
ごそごそっと何気なく机の中を見たら見つけた詩を載せます。


 「気づいたら(仮)」

 みんなが楽しそうに笑っている中で

 私はじっと俯いている

 涙をこらえながら
 それでもあふれ出る涙を拭きながら
 湧き上がる悲しみと怒りを
 堪えながら

 気づいたら
 
 私は孤独だった

 ただの孤独ではなく

 孤独をバカにされる孤独
 人がたくさんいる中の孤独
 
 そんな孤独に身を置いていた

 気づいたら
 
 クラスの人間を
 信用していなかった

 信用したら
 もっと酷い目にあうのを
 知らないうちに
 学んでいたから

 気づいたら

 誰にも心の傷を
 気付かれなくなっていた

 生きる為に
 傷を隠し
 気持ちを隠し

 助けを出しても
 気付かれなくなっていた

 気づいたら

 私はピエロになっていた

 辛い悲しい気持ちを隠し
 部活の仲間の前で
 
 えへへえへへと
 面白い人になっていた
 個性派を
 演じていた


 気づいたら

 心の傷は
 深く大きくなっていた

 

 私はいつ
 苦しみから解放されるのか

 
 気づいたら

 私は
 苦しみから解放されているのだろうか

 
続きを読む
スポンサーサイト
【 2007/12/20 19:01 】

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ふあ~
今日は定期演奏会に向けて、広告取りをしました。

広告取りって言うのは、簡単に言えば
「スポンサーになって広告出して、スポンサー料ください」
って頼むことです。

今日はお店や塾・予備校などをまわって、頼んできました。
そうしていると「高校の部活って違うなあ」って思えてきました。
まだ半分残っていますが…

明日も同じ事やるみたいなので頑張りたいです。

今日は営業マンの気持ちがちょっとだけ分かったような気がした

そんな一日でした。
【 2007/12/17 17:54 】

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
皐月の書く小説について~その1~
今日は久々にパソコンからの更新です(勉強しろよ自分…)

私の書く小説について色々書きます。

まず、今書いているのが3作品
そのうち二つがシリーズ物となっています。
残り1つがノンフィクション。

構想をねりねりしている段階のが1作品
これは、ハリポタ顔負けのおっそろしく長い作品になりそうです…

小説とは関係ないですが、詩や短歌、
時には俳句を詠んだりしています。
短歌・俳句はもう少し溜まってからアップする予定です。


魔法のiらんどのHPで書いている小説(オリジナルの方)
について今日は書きたいです。

疑問、クレームはコメントのほうに書いていただけたら
答えられる範囲でお答えしていきたいです。

題名の由来

この作品の題名「Lovers Hory Night Song」ですが、

直訳していただいて構いません(ぇ?!

しいて言うなら「恋人達の聖なる夜の歌」ですね。(そのまんま…)
っていうのも、ラストシーンがクリスマスなんで…題名つけるのに困った
当時中三の皐月が仮の題名をそのままつけただけです…

甘い話な理由

好みをいれすぎました(涙

本当にすみません…


裏話

案外、実話が元になっている所とかあります。
とはいっても、全国大会行ったわけじゃないし、甘い恋愛してるわけじゃないし、
中学の時男子部員いなかったし。

まぁ言うなら、京子と幸子の掛け合いが実話に近いですね
(会話内容はオリジナルですが…。)

この話に出てくる曲について

「ストリート・パフォーマーズ・マーチ」
中二の時のコンクールで吹いた曲です。
物語の中ではA部門が舞台になっているので、入れました。
木管のやわらかいメロディーや金管中低音のカッコいいメロディーが
個人的に好きですが…
やっぱりマーチ。チューバはリズム打ちばっかりでした(涙)

「キングス・マウンテン・アドベンチャー」
これは中三のときのコンクールで吹いた曲です。
作曲者はエド・ハックビーです。
ぶっちゃけかなりマイナーな曲です(汗
同じことを繰り返すメロディーが主体なので飽きる人は飽きます。
途中で木管のきれいな旋律やトランペットのソロっぽい所があります。

短気な人にはおすすめしませんね…
【 2007/12/07 14:45 】

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。